浴室リフォーム

TLCが考える浴室リフォームは

家族全員がくつろげる空間づくりを心掛けています。

心も体もリフレッシュできる家族みんなが喜ぶ

浴室リフォームをしましょう!

水はけがよく裸足でも冷たさを感じない床、カビの発生を抑える壁、汚れが付きにくく手入れが簡単で、足を伸ばせてのびのびくつろげる浴槽など、浴室リフォームはお客様のご要望に合わせてしっかりとプランニングいたします。もちろん「壁に手すりを付けたい」、タイルの破損を直して欲しいなどの部分的な工事も大歓迎です。

既存ユニットバス解体・撤去

40,000円

電気設備工事費

25,000円

給湯給排水設備工事費

50,000円

発材処分費

30,000円

浴室ドア枠設置費

25,000円

12,000円

諸経費 (室内養生、清掃片づけ)

合 計

182,000(税別)

※ メーカー設置施工費別途必要になります。

※ 既存ユニットバスから既存ユニットバスへの工事の費用になります。

※ 商品代は別途必要になります。

!

浴室リフォームの前に!

浴室リフォームには大きくわけて2つあります。それはマンション浴室リフォームと戸建てお風呂リフォームです。建物により使用する商品が違います。既存のお風呂が在来風呂なのかユニットバスなのかによって工事内容も変わります。その建物に適した商品があるので、その商品を使うようにしましょう。

浴室リフォームは大まかに「在来工法」と「ユニットバス」の2つの方法に分けられますので、ポイントをご紹介いたします。

在来工法とは、かつて一戸建てを建てる際に使われてきた方法であり、ほかの部屋と同じようなつくりで浴室もつくる工法のことです。ただし、浴室は湿気がひどいので防水加工が特別に施されます。最近は在来工法からユニットバスにリフォームする家庭も増えてきているため、それぞれのメリット・デメリットは事前に把握しておきましょう。在来工法のメリットは“自分好みの材料が使えること”です。ヒノキや石張り、ガラス張りと好きなデザインにしやすいのではないのでしょうか。
しかし、断熱性が低い、費用が高くなるデメリットもあります。在来工法にする場合はどのくらい費用がかかるのか、リフォーム工事にかかる時間も考慮する必要があります。

在来工法

ユニットバスは在来工法とはまったく違うつくりになっています。ビジネスホテル・ワンルームマンションでよくみられる浴室はユニットバスです。あらかじめ工場で作られた浴室をそのままもってきているので壁と浴室の間に空気の層が存在しています。つまり、「カプセル状態」になっているのです。よって、ユニットバスのメリットは断熱性の高さ、機能性の充実、防水性が非常に優れている点が挙げられます。浴室内の丸洗いも可能なのでお手入れがしやすい点も主婦に好評ですね。しかし、工場であらかじめ規格化されたものをつくるため、選べる種類も限定されてしまうでしょう。

ユニットバス

Before

お問い合わせはメール送信ボタン、

またはお電話でお気軽にご連絡ください。
お電話の場合は営業時間内のみのご対応となります。あらかじめご了承ください。

株式会社TLC

建設業免許 兵庫県知事 許可(般 - 29) 第 302817 号

株式会社T・L・C メール問い合わせ

© 2017 TLC Co., Ltd. All rights reserved.