検索
  • TLC

長尺シート施工

皆さんお疲れ様ですTLCです。


今回は戸建の工事でフローリング上から


長尺シートを貼り付ける工事を施工させて頂きました。


長尺シートが分からない方に説明させて頂きますと、


長尺シートの特徴は






  1. 耐衝撃が強い。

  2. その為重いや土足などで立ち入る場所に向いています。

  3. シートを溶接して繋げるので、水漏れなどに強い


以上が挙げられます!


こちらの戸建は以前ドッグサロンの看板を


当社で取り付けさせて頂いたオーナー様の戸建てに施工させて頂きました。


なのでオーナー様の使用用途に合わせまして、


今回は長尺シートを貼り付けさせて頂きました!






早速こちらが施工前のフローリングです。




貼り付け工事はまずは寸法を測り、


必要な長尺シートの長さを計算します。


そこからフローリングの上にボンドを塗っていきます。





今回職人さんにお願いしたのですが、


かなり手際良くまた綺麗にボンドを塗っていきます。




とても綺麗で眺めたくなる程です!


ここですぐ長尺シートを貼り付けずボンドを乾燥させます!


ボンドを乾燥させる理由としては、


まだ柔らかいのでシートを貼り付けても


ズレてしまうので少し乾燥させて固めてから


貼り付けると綺麗に効率よく付けれます。




そこからすぐエア抜きと言われる工程で


シート下に入ってる空気を抜いていきます。


ここまでが一通りの手順となります。


ここから全ての床に貼りつけさせて頂いて




仕上がりました!


施工時間としては半日で完了致しました。


同じ木目でも色が変わると雰囲気がかなり変わりますね(^o^)


皆さんも床材の貼り替えなどご検討されてみてはいかがでしょうか?


最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

3月も、のこりわずかとなり桜も開花しはじめていますね😄 今日は、生憎の雨模様でしたがお花見の時期も近づいているのではないでしょうか🤩 去年もお花見ができる状況ではありませんでしたが、今年は出来るかなぁ🙄? さてさて、もうすぐ4月を迎えようとしておりますが、屋根や外壁の診断はお済みですか🧐?? T·L·Cでは、知識と経験豊富なスタッフがきちんと診断します😄 また、屋根の状態を自分の目で確認

3月もあっという間に半ばを迎えましたね✨ 朝と夜は少しだけ冷える瞬間もありますが、もうダウンも必要ないほどですね😃 3/14と言えば「ホワイトデー」ってやつですね🎵 学生の頃は、バレンタインのお返しのためにアルバイトに励んでいたような気がします😅 まあ、そんなこんなで… 世間では「コロナ」や「ロシア」などのあまり明るくないニュースが毎日報道されていますが、他人事とも言えない状況ですよねぇ🧐