検索
  • TLC

点検口設置

壁や天井や床下に異常がありそうな時、内側の状態を確認したり、そこから補修をしたりするために点検口を設置します。

今回は、その現場をご紹介!


まずは、点検口の大きさに合わせてカットします。

大体45cmの大きさが多いですね。



くりぬくとこんな感じです。

踏んだ時に床が沈まないように、ちらっと写っている木材を支えとなる根太の下に差し込んで補強します。


切り抜いた板を点検口の枠に設置して完了です。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示