検索
  • TLC

旅行に行きたい!

皆様こんにちは!

石本です。


皆様

暑い日が続きますね。


今年は僕もお盆も連休も特に旅行にいく予定はありませんが、

旅行が大好きなのでそろそろ旅行に行きたいです。


去年は社員旅行で久米島に行ったのですが、

やはり旅行に行くなら国内でも国外でも僕は南国派ですね!


海外のほうが言葉も通じないし文字もわからないですが、

そういったハプニングも含めて旅行として楽しめるので

海外のほうが大好きです。


旅行といえば、

つい先日、政府がGo To トラベルキャンペーンを発表し、

連休前にも実施されますが、

地方自治体の方、また東京を除外されたことで東京の方からも

賛否両論様々な意見がありますね。


個人的には、旅行で経済を回してほしい観光産業の方の気持ちも

感染者の多い地域からの旅行者に来てほしくない地域の方の気持ちも

どちらもすごくわかるので、どうするのが正解なのか、そしてとても難しいなと

個人的にも思います。


是非を問われれば僕は少し懐疑的です。

なぜなら少し見切り発車した感じとコロコロ変わる感じが大丈夫かなと思うからです。

この連休前に間に合わせたかったのか、少し見切り発車で決定して通知して、

そのあと保証に関してもしないって言ってたのに次の日にはすると言ったり、

本当に話し合ったの?根拠があるの?と思ってしまいます。

やり方に関して、最近様々な意見も出てますし、僕も吉村知事が言ってたみたいに

近隣の県で行ってから広げていくという方法や、橋下徹さんが言ってたみたいに

地方自治体にお金を渡して決めてもらってはどうかという意見も結構納得できるなと思いました。




自分が利用するかといえばしないと思います。

なぜなら、今旅行しても楽しめそうにないからです。

旅行できたとして、マスクをして手洗いうがいして除菌して、汚いかどうか考えてって旅行しても、

旅行としての本来の楽しみを味わえないのではないのかと思うのと、

観光産業の人は嬉しいかもしれませんが、

地元の人からしたら人が来るのは嬉しくないはずです。

なんかそんな地域に迎えられてない状態で

行くのも少し気が引けます。




一番いいのは旅行に行かずに地域でお金を回せたらいいのかもしれないですが、

とても難しいですね。


コロナに関して最近よく思うのは、全員が全員得する施策や政策を打つことは無理ではないのかと思います。

白か黒かではなく、グラデーションで

しか施策もできないと思いますし、

僕らもグラデーションで評価しないといけないのかなと思います。



今回のこのキャンペーンで感染者がどう増えるのか、そして地域の方や旅行者の方が

どうやってコロナと向き合っていくのかがとても気になりますし、

旅行好きの僕としてもこれからの参考にしたいと思います。


そしてまた社員みんなで楽しく気兼ねなく旅行に行ける日を目指して

弊社は今年も頑張っていきます!




16回の閲覧

お問い合わせはメール送信ボタン、

またはお電話でお気軽にご連絡ください。
お電話の場合は営業時間内のみのご対応となります。あらかじめご了承ください。

株式会社TLC

建設業免許 兵庫県知事 許可(般 - 29) 第 302817 号

株式会社T・L・C メール問い合わせ

© 2017 TLC Co., Ltd. All rights reserved.